注目の投稿

iPhone X とXperia XZ1のベゼル論争で思うこと。

iPhone X が発表されましたね。 ついにiPhone がアイデンティティとも言えるホームボタンを無くして大きくデザインを変えてきました。事前リークもあってかそれほど騒がれている印象はありませんが、私はかなりインパクトのある変更だと思います。 Galaxy S8 以降...

2017年7月16日日曜日

カメラバック Alta Rise 48 Backpack レビュー

バンガードのカメラバック(バックパック)ALTA RISE 48 を購入しました。


私はずっと親が使わなくなったカメラバックや自分の私物の普通のリュックにカメラを入れていたのですが、
レンズやボディが増えてきてもう収拾がつかなくなってきてました。

そんな様子を見かねて、旅行に行く計画もあったこともあって奥さんがカメラバック良いのを買ってあげるよと家電量販店に行って買ってきたのがこのALTA RISE 48 です。

購入する時はネットのレビューは全く参考にしませんでした。お店であれこれ自分で触って決めました。

その中で自分が重視していたのは以下の5つです。
α9にGマスターレンズを付けた状態とα7Ⅱの2台が入る事。
リュックの横からカメラが常に取りだせるようになっている構造。
カメラ以外も入るようになっている構造。
見た目はそれなりであること。
2万以下であること。

それらをすべて満たしていたのがALTA RISE 48でした。

まず価格ですが、流石に3万ぐらいまで出したら良いのは沢山あるのですが、ちょっと予算的に厳しく諦めました。逆に1万以下の商品はやっぱり見た目が貧相で弱弱しい構造でした。
はじめ、ネットで1万以下の商品を買おうと思っていたので店頭で見れて良かったです。

リュックの横から取り出せるタイプは結構な数があったのですが、何だかんだであんまりデザインが良いのが無く困りました。

前置きはこれぐらいにして、ALTA RISE 48がどんなものか見て行きたいと思います。

DSC00275

+6 – ジッパーの開閉により6cmの内寸拡大
クイックアクセス – バッグサイドから素早く機材を取り出せる
マジックポケット- 外部からと内部から両方からアクセスできるポケット
セイフティポケット – 旅行用の書類やお財布収納に便利なバッグ背面のポケット
多彩な持ち方 – 優れたクッション性、滑りにくいショルダーストラップ
自慢の保護力 – 大切な機材を守るディバイダー
見落とさない – 探しものもすぐに見つかる明るい色の内装
整理整頓 – 様々な用途に応える複数のポケット
アルアリンク- Alta Action(別売りの三脚ケース)を取付可能
15インチまでのノートPC収納可能
9インチのタブレット端末収容可能
キープドライ – レインカバー付属

DSC00276

個人的に結構デザインは気に行っています。

DSC00278

このようにフルオープンしなくてもいつでもカメラが取りだせる構造になっています。
ここは重要視していました。

DSC00280

三脚を取り付けられる構造になっていまして、上・中・下、しかも下段は三脚が落ちないような構造です。

DSC00282

取り付けてみたらこんな感じ。うん、いい。

DSC00274

中はカメラやレンズを入れたらこんな感じになりますが、まだ上にも大きなスペースがありまして、そこにもカメラ入れられます。
着替えとか入れたら旅行にもこれひとつで行けそう。

そしてこれ持って撮影旅行に行ってきました。

他のレビュー記事で腰や肩に負担がでるなどの評価をチラホラみていたので、ちょっと心配だったのですが、α9とα7そしてレンズを3つ持っていたのですが、確かに重たいのでそれなりにツライですけど、極度な負担がかかっているとは思いませんでした。寧ろ、肩などは結構がっつりとフィットするので重さのわりには軽く感じると思います。多分、山登り用の本格的なのに比べたらその辺りの機能性は落ちるのかも知れませんが、個人的にはこんなものじゃないかな?と思います。たくさん入るし、私は良い買い物できたと思っています。




0 件のコメント:

コメントを投稿