注目の投稿

α7RⅢが発表された事で2台体制に悩む

α7RⅢが発表されました。 まさかのRからの発売です。初代α7はRと無印が同時に発売されましたが、Rが先に発売されるなんて誰が想像していたでしょうか。 しかもこのα7RⅢ、センサーは前モデルのα7RⅡと同じですが、α9のいいとこをうまくα7RⅡに融合しており死角無しのモデルになっ...

2018年1月21日日曜日

SEL85F18 レビュー(外観編)

レンズを久しぶりに買いました。フルサイズ対応SEL85F18 です。

でも、買うまで結構悩みました。もともと明るい単焦点レンズが欲しかった事もあって以前にSEL50F18Fを購入したのですが、はっきり言うとあまり使っていません。AFが遅いのもありますが、あまり必要となるシーンがないのが一番の理由です。

で、今回も色々悩んだのですが、最近ちょっと綺麗な風景写真ばかり撮るのも飽きて来た事もあって、スナップ向きなレンズが欲しくなったことがありました。良くうまい人の写真を眺めているのですが、どうも望遠気味で撮られている方が最近多いと思い、85ミリを購入した次第です。

SEL85F18はフォーカスホールドボタンも付いているし、評判もかなり良いです。さて、実際どんなものなのか数日使ってみたので、レビューしたいと思います。

パッケージ

DSC03536

パッケージは極めてシンプルでコンパクト。

DSC03537

85ミリだと1.4のGMレンズもありますが、価格は3倍近く異なります。

開封

DSC03539

広げるといきなりレンズ。

GMとかツァイスとかGレンズばかり買っていたらこの手のシンプルな梱包に驚きます。レンズケースが無いのは意外と不便なのですよね。

DSC03540

冊子類

DSC03541

中はこんな感じ。

DSC03542

レンズはプチプチで包まれているだけです。

本体

DSC03545

レンズ本体を取り出してみました。

DSC03546

オートフォーカス、マニュアルフォーカス切替スイッチも付いています。

DSC03548

そしてフォーカスホールドボタン。

フォーカスホールドボタンは瞳AFに割り当てる事も出来て非常に便利。ただ、レンズ毎にボタンの位置が微妙に違うので、私は若干違和感あります。

DSC03543

レンズの前玉。フィルター径は67mmなのでいうほど大きくないです。9枚羽根です。

DSC03544

Gレンズやツアイスのような金属の塊のような質感はありませんが、そこそこ質感は良いと思いました。

DSC03549

SEL50F18Fと比較します。かなり大きさ違います。

DSC03551

質感も結構違う感じ。でもどちらもかなり軽いです。ちなみにSEL85F18は371g

α7R3に取り付けてみたところ

DSC03557

フォーカスリングは結構なめらか。心地いいです。

DSC03555

最後に2470GMと比較してみます。

DSC03559

GMの圧倒的な大きさ…

まとめ

このレンズの外観で最大の特徴はフォーカスホールドボタンが付いている事だと思います。このクラスのレンズで良くつけてくれたと思います。

レンズそのものは非常にコンパクトで持ち運びやすいです。かなり扱いやすいレンズだと感じています。

AFはちょっと迷う時もありますが、それなりに高速。SEL50F18Fのような遅さは皆無です。ダブルリアモーターのおかげですね。

最短焦点距離がやや遠く08mなので近くのものは撮れません。

85mmなのでそこそこ距離を取って写真を撮るケースが多くなりますが、距離感はつかみ易いと思いました。

次回は撮影した写真などを掲載しながら、ボケや逆光耐性など見ていきたいと思います。


2018年1月14日日曜日

α7RⅢ ILCE-7RM3 レビュー(開封編)

昨年末購入した商品のレビューが溜まっています。まずは一番大きな買い物になったα7RⅢからレビューしていきたいと思います。

DSC03452

まずは開封レビューから。

DSC03453

パッケージはいつものαと変わりなく、上から開けるタイプです。

DSC03454

この下にマニュアルなどの冊子類が入っています。

DSC03455

広げると初めに見えるのは保証書。

DSC03456

冊子類すべてです。

DSC03457

マニュアルは一通り読むと新たな発見があったりしますね。

DSC03458

もう片方は電源ケーブルが入っていました。

DSC03459

さらに二を広げるとストラップが見えます。

DSC03460

私はこのストラップは使わないです。でも今使っているのはそろそろ買い換えたいところ。

DSC03462

右側を広げてみました。

DSC03463

入っていたのはバッテリーチャージャーBC-QZ1。α7R3は本体でUSB充電ができますが、バッテリーチャージャーもついています。

DSC03464

さらに下を広げるとケーブル類が見えます。

DSC03466

取り出してみました。

DSC03467

α7R3からUSB type-C とマイクロUSBの両方が付いているのですが、これはUSB type-Cケーブル。

DSC03471

ケーブルプロテクター。多分使うことはない気がします。

DSC03472

ストラップが入っていた奥にも何かあります。

DSC03475

バッテリーパック NP-FZ100 でした。いわゆるZバッテリーです。

DSC03476

そしてやっと本体が登場

DSC03478

こんにちはα7RⅢ

DSC03480

付属品含めて全部出したところです。

至って普通な感じです。過剰な梱包の方が所有感は満たされますが、邪魔になるだけですし、エコでもないのでこれぐらいが丁度良いのかも知れませんね。

次回は外観を見ていきます。



α7RⅢ レビュー ファーストインプレッション
α7RⅢ ILCE-7RM3 レビュー(開封編)